HOME > 品質管理・検査体制

品質管理・検査体制

PDCAサイクルを回す

製品の品質に対する要求水準は高まる一方です。品質向上にはPlan→Do →Check→Action サイクルが有効とされますが、PDCAサイクルを正しく回すことは容易ではありません。

工程の現状を把握するためには、ラインの生産データや製品の検査データを分析することで工程能力を数値化し、その数値をもとに管理手法を駆使して工程の問題点を可視化(「見える化」)することが必要です。つまり、品質管理(QC)も高度な「技術」を要します。



当社ではQC技術とデータ分析システムを駆使して、お客様のPDCAサイクルを力強く回します。

品質管理体制

当社では、国内外の発電プラント機器製作における品質管理業務を通じてお客様とのKnow-Howの共有を通じて、お客様により近い視点で業務提案を行います。

・品質状況レポートの作成

(QC7つ道具などの)統計的品質管理手法を駆使した業務分析・工程分析を行いお客様の品質改善サイクルを回すお手伝いをします。

・品質記録のトレーサビリティの確保

品質記録の作成・収集・分析・管理をトータルに行い、品質記録管理業務の上流から下流までを
トータルにサポートします。

・品質管理データベースシステムなどの ソリューション・サービスの提供

検査データ情報、品質記録情報などのデータベースシステム構築によりお客様のマネジメントシステム構築のトータルサポートサービスを提供致します。

検査管理体制

・検査データ分析

材料の調達から製品完成、出荷までの各工程において重点項目を検査し(例:設計値と実際に制作されたものとの誤差を検証)、その数値をデータ化・分析し、その結果を元に誤差をなくしていく取組みを行います。

・品質保証活動の推進

規格や顧客要求を満たしていないものが発生した場合、発見から関係部門での承認までの一連の流れを一元管理し、なぜそうなったかの理由を評価・データベース化し、それを元に再発防止に結び付けていく取組みを行います。

 

品質管理への取り組み

また、当社では品質保証業務に対するスキル確保・人材育成という観点から、社員の品質管理検定(QC検定)受験を積極的に推進しています。
(能力開発セミナーにて“QC検定対策講座”の開講など)

2010年現在・・・QC検定1級・2級・3級を多数の社員が取得しています。


ページの終了