あなたが働きつづける会社へ。

誰でもずっと働くことができる制度と雰囲気があります。

阪技にとって何より財産なのが、人です。社員ひとりひとりが存分に能力を発揮してもらえるよう、働きやすい制度が整っています。中でも、数多くいる女性社員が子育て中も続けて働けるよう、産休育休や短時間勤務の制度は充実しています。さらにそうした制度を気兼ねなく活用しやすい雰囲気もできています。阪技の制度がいかに女性社員にとって心強いものかを、実際に利用したママさん社員や、そんな先輩たちに憧れる若手社員に語ってもらいました。

阪技には女性社員が多いですね?

2014年入社 社員:そうですね、私は女性が働きやすい会社に入りたいと思って就職活動をしていましたが、阪技の場合、例えば採用担当が全員女性なんです。立場のある女性役職者も多いですし、女性が生き生きと働いているのも素敵で、入社を決めました。

阪技の産休育休制度について教えてください。

技術サービス部 主任チーム統括:産休育休があり、一歳になるまでは家で子どもと過ごすことができます。保育園に入れなければ半年延長もできるので、現在マックスで一年半育休を取ることができます。そのあとは短時間勤務を子どもが三才になるまで使えます。私も先月末まで5時間の短時間勤務をしていて、今はフルタイムに戻りました。

お子さんがいらしても働きつづけて良かったのはどんなことですか?

タービンプラントサービス部 社員:相乗効果で頑張れることですね。仕事で達成感があると、気持ちが上がって育児もいい気分で取組めるんです。そして育児で頑張れると仕事にも頑張れる。仕事が終わって娘の顔を見るとパッと育児モードに切り替えられますね。

育児しながら働くと周囲に気をつかって疲れませんか?

タービンプラントサービス部 社員:私の場合、娘が生まれた後で入社したので産休育休はとってないのですが、社長面接で子どもがいるので残業はあまりできないと言ったら、笑って受け入れてもらえたので、安心して入社できました。忙しくなると業務量が増えますが、他にも子どもがいる女性はチームに多いので、上司や同僚にも素直に相談できる雰囲気です。

後輩としてはどう受け止めていますか?

技術サービス部 社員:産休や育休、短時間勤務がなかったり、あっても使いにくい会社もあると聞きますが、阪技ではそういうこともなく常に何名かの方が産休育休をとっています。現場でそんな様子を目の当たりにしているので、自分がそういう状態になったとしても安心して働くことができると思います。

働きつづけようと考えるのはどうしてでしょう?

技術サービス部 社員:私の母も働きながら子育てをしていました。毎日当たり前のように家事をしたり、時には父と家事を分担して協力しながら子育てをしている姿を見て、私も将来そうなれたらなと思いました。母の姿を尊敬しているので、将来私の子どもにも誇りに思ってもらえるよう、働きつづけたいと思います。

movie04
movie04

阪技には、子育てもきちんとこなしながら頑張っている女性社員がたくさん働いています。中には、役職者でも短時間勤務をしている女性もいます。男女を問わず、正当に評価するのが阪技の考え方です。これからは女性も働きつづけるのが当たり前の時代。阪技の働きやすさは新しい常識になるでしょう。