Hangi Journal

Talk Lounge

阪技の環境

ミモザ企業としてサンテレビが取材!

阪技の働きやすさ、テレビで放送!

3/19(日)午前8:30~8:55の番組、「ひょうご発信!」の中で『誰もが輝ける職場づくり』として阪技の取り組みが放送されました。
サンテレビのプロデューサー、撮影クルーが当社を訪問し、社長、社員のインタビュー、当社の特色を撮影しました。
今回は、その裏側をご紹介します。

実際の映像はこちら!

サンテレビ「ひょうご発信!」毎週日曜日 朝8:30~8:55放送

なぜ阪技を取材?

そもそも、なぜサンテレビが阪技に注目したのか?
それは、3月某日にさかのぼります。

「ミモザ企業認定、おめでとうございます!認定企業に取材をしたいのですが、可能でしょうか?」とサンテレビより一本の電話。

令和5年度より始まった、女性活躍推進企業(ミモザ企業)の認知度を兵庫県下で高めていくため、認定を受けた企業さんを取材したい、とのことでした。
※ミモザ企業認定についてはこちら

mimoza

認定企業として取材に協力できるならぜひ、と快諾。

カメラ撮影の入る当日に向けて、プロデューサーが阪技の女性活躍推進における取り組みをヒアリングしました。
社内保育所、社員の教育の二つの取材テーマが決定。
そこからトントン拍子に撮影スケジュール、場所などの準備を進めていきました。

働きやすさの裏側、のぞき見!

img-1

そして、撮影当日。
アルミカン、という女性芸人さん2人がリポーター役、阪技の社員が案内役、といったスタイルで撮影が進行。

社員の就業スペース、研修を行う教育センター、社内保育所など、実際に会社内を巡りながら撮影を行いました。

img-2

社内保育所について詳しく知りたい方はこちらへ

img-3

新入社員が一人ひとりに合った研修を受けられる、
教育センターでの撮影風景
教育センターについて詳しく知りたい方はこちらへ

特に社内保育所では、従業員がお子さんを預ける姿、子供たちが園内で遊ぶ姿を撮影。

最初は緊張気味だった子どもたち。
一度撮影が始まればいつも通り園庭をキャッキャッと元気に走り回って遊ぶ姿に撮影クルー、阪技関係者もひと安心。

「カメラが撮影に来ている!」
住宅街にある保育所のため、地元の方が撮影を覗きに来る場面も。
温かく見守っていただきました。

撮影クルーのハンドリングと、阪技出演者のスムーズな対応が相まって、想定スケジュールより早く撮影が進みました。

「やりがいは人の育成から」社長の熱い想い

社員の撮影を経て、最後に、アルミカンさんが社長にインタビュー。
「社員がやりがいを感じ、長く働ける環境を作りたい」
誰もが活躍できるよう、働きやすい環境を整えてきたこと、
社員の教育や社内保育所への想いを、社長が語りました。

「教育センターでは、新人社員のスキルアップとやりがいづくりを支援」
「これからの職場環境づくりを牽引する、女性リーダーを育成」
「職場の近くに保育所があって、常に自分の子供を見れる環境を目指したい」
撮影中、社員から「安心」の声をかなり聞けたアルミカンさんも、納得のご様子でした。

img-4

「社員のお子さんも、孫のように育てたい」と社長。

「私も孫にしてほしい」とアルミカン赤阪さん。

心地よい掛け合いがビシっと決まり、撮影が終了。

撮影クルーがうらやむ!阪技の働きやすさ

撮影の片付けをする中、最後に撮影クルーより一言。
「いいな、私たちの業界は働き方改革と対極にありますからね、私たちもこの会社で働きたいです…」
思わずこぼした言葉に、阪技関係者は改めて、良い環境で働けていると実感しました。

実際の映像はこちら

阪技の職場、働きやすい環境などを垣間見ることができます。ぜひご覧ください!

最近よく読まれている記事

プライバシーポリシー © 2023 | HANGI.Co.ltd. All rights reserved.